大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

試歩き  芦屋川~宝塚

2017.06.17

狭窄症になってから、初めての長距離縦走を試みてみました。
一緒に歩いてくれたMurasan、Po rta さんありがとうございました。

DSCF4712_convert_20170617200923.jpg
芦屋川駅前はハイカーで混雑していました。

荷物は11kg、靴はアプローチシューズでできるだけ負荷を少なくして望む。

DSCF4714_convert_20170617200945.jpg
知り合いの方も奥様と仲良くご一緒されていました。
羨ましい?ですね。
クライミングをするためには、せいぜい奥様孝行をしておいてくださいね。


25分で滝の茶屋に到着。

DSCF4716_convert_20170617201004.jpg
殊勝な心掛け。安全祈願を!

ここから風吹き岩までは人ひとでした。
汗も出放題です。

DSCF4719_convert_20170617201028.jpg
お決まりの位置でお決まりのポーズで!
それにしても紺碧の空です。視程も良く市街が奇麗に望めました。

DSCF4722_convert_20170617201049.jpg
ついでに記念写真を撮ってもらいました。

今回も水飲み場跡を通り越して雨が峠まで足を延ばす。

DSCF4723_convert_20170617201110.jpg
この辺りにもたくさんの方が休憩していました。
ここからは大概の人が最高峰経由有馬温泉に向かうようです。

したがって石の宝殿経由宝塚へ行くパーティーは激減しました。
有馬温泉も良いが、そこからのアクセスが不便で、いつも宝塚へ足を運んでいます。

DSCF4726_convert_20170617201131.jpg
東おたふく山への道。Murasan と Porta さん。

東おたふく山へは、11時15分到着。
10分休憩して今日の核心部石の宝殿の登りにかかる。

DSCF4729_convert_20170617201208.jpg
コアジサイがあちらこちらに咲いています。

アップダウンをしながら歩を勧める。
荷物が軽いので助かる。

DSCF4731_convert_20170617201235.jpg
石の宝殿に向かうお二人さん。

DSCF4732_convert_20170617201258.jpg
ヤマツツジも咲いていました。
先日行った雪彦山の岩場には一杯咲いていました。

石の宝殿には意外と早くおたふく山から45分で着きました。

DSCF4734_convert_20170617201321.jpg
石の宝殿に到着しました。

20分休憩して後半のスタートです。

小さなアップダウン繰り返しながら、概ね下りの後半の行程である。

大平山まで少し時間がかかりましたが、1時間10分で到着しました。

DSCF4737_convert_20170617201342.jpg
大平山入口にて。

休憩時間はあっという間に過ぎます。15分休憩して出発。
疲れてきていますが、今度は塩尾寺(エンペイジ)まで頑張ります。

DSCF4739_convert_20170617201403.jpg
途中の展望所から望んだ西宮市街・甲山。

塩尾寺で10分休憩して、宝塚駅に下る。

DSCF4743_convert_20170617201813.jpg
15時45分、宝塚に到着しました。約7時間の歩きでした。

脊柱管を患って以来初めての長距離歩きが何とかこなせたので、喜びと希望が出てきました。
今度は、もう少し負荷を加えて歩いてみたいです。
お付き合いしてくれたMurasan、Po rta さんありがとうございました。

記録:
芦屋川8:45~滝の茶屋9:10、9:15~風吹き岩9:50、10:00~雨が峠10:43、11:00~東おたふく山11:17、11:26~
石の宝殿12:09、12:30~大平山13:39、13:55~塩尾寺15:04、15:15~宝塚駅15:45





スポンサーサイト
リハビリ歩きの太閤道

2015.05.13

脊柱管狭窄症で空身では少ししか歩けない。
発症した当初14kg背負ったらなぜか歩けた。

10kg以下では空身と同じで歩けない。
日を追って最低どこまでの重量までなら歩けるかを試行錯誤しながら試して見る。
この重量が少なくなればなるほど狭窄症が良くなっているのだと信じつつ。

4/11:14kg、 4/15:11.7kg、 4/27:10.5kg、 そして今日5/13:8.8kg までクリアーできた(15分~20分歩いて判断)。

そこで、10 kg を背負って歩いたみることにする

自宅から歩いて、北摂の山の中腹にある若山神社(太閤道の入口)を経由して
太閤道の中間点くらいにある三川合流が見える地点まで歩いてみる。

KIMG0104_convert_20170513192743.jpg
三川合流(左から桂川、宇治川、木津川)して淀川となって大阪湾へ。
宇治川と木津川に挟まれたところに背割り堤という桜の名所がる。

往復3 時間かかったが、痛み・痺れも発症もなくて何とか歩きとおせた。
これで来週の大杉谷遡行の望みが出てきた。
晴れますように!!

そして一日も早く治って本格的山に行けますように!

記録:
自宅14:04~若山神社14:54、15:00~三川合流が見える地点15:34、15:43~若山神社16:21、16:25~自宅17:08



芦屋川~宝塚・アイゼントレーニング

2016.11.23

DSCF2149_convert_20161123202939.jpg
芦屋川駅前
先週とは、えらい違って今日はすごい人出である。

こうもり谷へフリークライミングの約束があったが、ひじ痛のため涙を呑む。
来月早々の西穂高参加者にこの歩きを誘ってみたが、みんな都合が悪く、
今週も単独トレになった。

負荷は先週9 ㎏であったが、今週は12 kgに少し増やしました。

DSCF2151_convert_20161123203024.jpg
高座の滝。

気温が下がったとはいえ、高座の滝から風吹岩まではシャツ1枚なのに汗をかいた。

DSCF2154_convert_20161123203048.jpg
曇り空だが視程はすごく良い!   風吹岩から。

風吹岩から東お多福山、石の宝殿までは長く感じられた。

DSCF2161_convert_20161123203111.jpg
海ではありません。石の宝殿から見た雲。
何十回と来ているが初めて見ましたこの景色。

DSCF2162_convert_20161123203134.jpg
大平山への縦走路で見た黄葉。
疲れた体を癒してくれました。

石の宝殿から1時間40分で大平山取り付きに着きました。

DSCF2165_convert_20161123203155.jpg
大平山取り付きの黄葉。

DSCF2166_convert_20161123203218.jpg
これから向かう先の落ち葉。
このコースには舗装された道路が3か所ある。

今日は神戸市主催の六甲全山縦走が開かれていた。

DSCF2172_convert_20161123203244.jpg
阪急宝塚駅少し手前にゴール地点があった。
全山縦走は何回も参加したが今じゃ遠い昔の思い出になっている。
来年参加したいので応募要領をお聞きしてきた。


DSCF2173_convert_20161123203309.jpg
私のゴール・阪急宝塚駅。
某大学が何か催し物をしていました。

今日も、ひじ痛、ひざ痛でよくがんばりました。

記録: 12 kg アイゼントレーニング  7時間5分

芦屋川8:35~高座の滝8:58、9:10~風吹岩9:46、9:52~雨が峠10:35、10:42~東お多福山11:00~石の宝殿11:55、12:09~大平山13:29、13:39~塩尾寺14:50、15:05~塩尾寺公園15:17~宝塚15:40


「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルやダンスで活躍している英人。

16)自然に抗うことなく、すべてをゆだねる⇔ありのままが一番。
17)人間の欲望のために、命あるものを傷つけてはいけない⇔毛皮は着ない。

縦走・芦屋川~宝塚・アイゼントレ

2016.11.16

こうもり谷フリークライミングの予定であったが用事が入り断念。
そこで体力維持のためアイゼントレを兼ねて歩くことにしました。

芦屋川駅前は平日にもかかわらず結構の人がいた。

DSCF2020_convert_20161116220225.jpg
芦屋川沿いの紅葉。

左肩痛、左ひじ痛、右ひざ痛の三重苦ではあるがおよそ40年前に読んだ大阿闍梨・光永澄道さんの「ただの人となれ」
に感銘して、それ以来「怪我しても怯まず突き進むようにすれば治ってしまう」を実行しています。

今日から20年ぶり3回目の読み直しをしています。

DSCF2024_convert_20161116220245.jpg
風吹岩から見た瀬戸内海。

DSCF2025_convert_20161116220305.jpg
風吹岩から見た荒地山方面。

それにしてもこの芦屋川~宝塚の歩きは年々しんどくなってきているように思える。
だが、好きな山を続けるためには「歩きトレ」を頑張ってするしかない。

DSCF2033_convert_20161116220348.jpg
東お多福山の紅葉。

DSCF2034_convert_20161116220410.jpg
石の宝殿には5~6名のハイカーが休んでいました。
これから彼らも縦走路を宝塚方面に行かれるようです。

DSCF2037_convert_20161116220440.jpg
太平山の取り付きに20数名の団体さんがいたのにはびっくりしました。

DSCF2040_convert_20161116220519.jpg
塩尾寺を下ったところから見た宝塚市街。

DSCF2044_convert_20161116220545.jpg
宝塚駅手前で見た紅葉。

今回は9kgの負荷でアイゼン装着で歩きました。
記録は6時間59分でした。

DSCF2045_convert_20161116220602.jpg
宝塚駅に到着。

記録:
芦屋川9:36~高座の滝10:05、10:11~風吹岩10:48、10:55~水飲み跡11:25~雨が峠11:36、11:46~東お多福山12:05~
石の宝殿12:56、13:08~大平山14:19 、14:32~塩尾寺15:40 、15:58~塩尾寺公園16:13~阪急宝塚駅16:35



「人はいくつになっても、美しい」。  ダフネ・セルフ
1928年生まれ。2016年88歳の現在もモデルで活躍している英人。

8)悲しみは乗り越えるものではなく、寄り添い付き合っていくもの⇔悲しみに寄り添う。
9)笑顔の絶えない家庭で育ったから、私は今も笑顔でいられる⇔両親が与えてくれたもの。

太閤道・トレッキング

2016.11.09

ひじ痛でこうもり谷でのフリークライミングを諦める。
で、低山ではあるが近くの山に出かけてみる。
ひざ痛もあるので空身にする。

空身じゃということでアイゼンをつけてやっと安心する自分が情けない!

DSCF1948_convert_20161109151404.jpg
いつもの三川合流の見える地点。
空は雲があり、今一つすっきりとは見えなかったが気持ちがホッとする。

1か月前に熊情報があり、笛を吹きふき進む。
そのせいか、天気のせいか?誰一人とも会わなかった。

三川合流から少し行くと、若山神社への下りとなる。
途中ゴルフ場の脇を通るとネット越しに紅葉した木々が奇麗に見える。

DSCF1950_convert_20161109151450.jpg
ゴルフ場の中の紅葉が見れました。

三川合流から30分で折り返し地点の若山神社に到着。
ここも一部紅葉していました。

DSCF1952_convert_20161109151515.jpg
若山神社境内の紅葉。

雨が降ったり晴れたりの変な天気である。

DSCF1955_convert_20161109151538.jpg
本殿横の紅葉した木々。

15分ほど休憩して引き返す。
いきなり登りである。空身なのにしんどい!

途中のゴルフ場内の黄葉が目に入ってきた。

DSCF1956_convert_20161109151600.jpg
寒いからかゴルファーも往きに1組、帰りに1組のみでした。

帰りは三川合流では休憩なしで進む。

終着点近くは竹林でタケノコの産地でもある。

DSCF1959_convert_20161109151623.jpg
竹林の中を進んで登山口へ。

記録:
登山口9:51~太閤道出合い10:33~三川合流10:43、10:48~若山神社11:23、
若山神社11:36~三川合流12:15~太閤道分岐12:26~登山口12:57


所要時間:3 時間