大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

屋久島・宮之浦岳

2017.10.01~05

屋久島出身の知人に背中を押してもらい、
やっと念願がかなって訪問することができました。

余談ですが知人は80歳。元気げんきでとてもその年とは思えない。
80歳の老人?とそのお友達は山には登らずに適当に楽しいでいるとのこと。
で山は4名で登る。

10月1日(日):

大阪空港から鹿児島空港へ、リムジンバスに乗り換え鹿児島港へ移動。
港からジェットフォイル・トッピーで2 時間掛かって屋久島・安房港へ。

DSCF5417_convert_20171006132751.jpg
鹿児島からの連絡船・トッピー号から見た屋久島(安房港近くより)

計画では今日は民宿に入ってのんびりして明日から行動開始であったが、
天候予想で急遽港から淀川小屋まで直行する。
(明後日宮之浦岳登頂予定を、一日早めて明日にする)。

DSCF5419_convert_20171006132811.jpg
淀川登山口。出発前の記念写真。

淀川登山口までタクシーで入山。
ここで世界自然遺産環境協力金2000円をお渡しして出発。
美しい森の中を気持ちよく歩くこと40分で今日の宿淀川小屋に到着。

DSCF5422_convert_20171006132833.jpg
淀川小屋のテラスで夕食。

宿泊は我々4人のみでした。
宮之浦岳に登って下山するグループが何組か休憩に寄って行った。
中国人ハイカーも2 組来られていました。

DSCF5423_convert_20171006133811.jpg
小屋内部の2 階。 立っても頭が当たらないくらいの高さがあります。

10月2日(月):

天気予報は曇りであったが、星が出ている。4 時起床、6 時出発。

DSCF5426_convert_20171006133833.jpg
いざ出発。     6:00

直ぐ橋を渡るとそこからは急な登りとなっていた。
がすぐに急騰は終わり、アップダウンを繰り返して登って行く。

出発から約1 時間ほどで高盤岳展望所に到着。

DSCF5427_convert_20171006134136.jpg
高盤岳の山頂に鎮座する豆腐岩。

この辺りに来ると眺望も素晴らしい。
やっぱり天気が良いせいもあるのだろうが気持ちの良い歩きができる。

折角登ってきたのに下りである。
下りたところに湿原地がある。
小花之江河である。

DSCF5434_convert_20171006134159.jpg
小花之江河                  木道が整備されていた。

ここから10分ほどで花之江河に到着。
ここも湿原地帯である。
気持ちの良いところである。大休止。

DSCF5438_convert_20171006134225.jpg

DSCF5441_convert_20171006134251.jpg
サルもたくさんいました。鹿もいました。鹿は小ぶりです。

ここから再び登りに変わり、左に黒味岳を見ながら30分ほどで投石(ナゲシ)平に。

DSCF5446_convert_20171006134320.jpg
投石平

ここからは右に翁岳、栗生岳を望みながら宮之浦岳へと進んで行く。

DSCF5449_convert_20171006134356.jpg
宮之浦岳目指して。

DSCF5450_convert_20171006134425.jpg
少し後ろでのんびり写真をとりながら!

出発から4 時間半。宮之浦岳に到着しました。
口之永良部島、種子島などがはっきりと見える。
素晴らしい天候に感謝!

永田岳も指呼の間に見える。

DSCF5459_convert_20171006134458.jpg
宮之浦岳にて。

山頂で20分ほど休憩して、新高津小屋に向かって下山開始。

DSCF5464_convert_20171006134526.jpg
振り返って宮之浦岳。

山頂から周囲の景色を楽しみながら、小アップダウンを繰り返し3 時間ほどで今日の宿泊地・新高塚小屋に到着。

DSCF5472_convert_20171006134555.jpg
新高塚小屋。

DSCF5474_convert_20171006134623.jpg
新高塚小屋内部。

新高塚小屋は少し湿気ているのと、明日の行動も考えて高塚小屋までもう少し足を延ばしみることにする。
15分ほど休憩して出発。
高塚小屋から20分で高塚小屋に到着。
小屋の建物だけを見たら今じゃこちらが新高塚小屋のようだ。
何年か前に建て直したそうだ。
奇麗な小屋である。難を言えば15~6人くらいしか泊まれないことだ。

DSCF5475_convert_20171006134654.jpg
高塚小屋。
泊まれるかどうか心配していたが3 階が空いていたのでホッとする。

1 か月に35 日降ると言われている屋久島で、
昨日、今日と素晴らしい天気に恵まれ幸運であった。
スポンサーサイト
屋久島・宮之浦岳 (その2)

2017.10.01~05

10月3日(火)

4 時半起床。風がきつそう。
屋外で風を避けての朝食。
朝食が終わって、出発の6 時前くらいからポツポツしだしたと思ったらすぐに本降りになってきた。

DSCF5477_convert_20171006202205.jpg
出発を前にした韓国から来た青年たち。

雨の中6 時半に出発。
まもなく縄文杉に到着。
たいそう立派な杉である。周囲16.4m、樹齢7200年だそうです。
残念ながら強い雨でカメラが出せず、頭の中に撮っておくことにする。

小屋から45分で大王杉に。

DSCF5481_convert_20171006202244.jpg
大王杉。
雨が降っており、それに薄暗くうまいこと写せなかった。

ここからは急降下で下り、約50分でウイルソン株に。
樹齢3000年とも言われている切り株。
切り株の内部に入れて雨宿りもできた。
中のある場所から上を見るとハートの形に見える。

DSCF5485_convert_20171006202309.jpg
ウイルソン株。
切り株の中に入って下から空を仰いだところです。

ここで15分休憩をして出発。
倒れた翁杉を見ながらどんどんと下って、トロッコ道(大株歩道入口)に。ウイルソン株から25分でした。

DSCF5487_convert_20171006202337.jpg
大株歩道入口。
ガイドに連れられた方々が大勢いました。多分縄文杉を見に行かれるのでしょうね

トロッコ道はレールの真ん中に板が敷かれていて歩き易い。
1時間ほどで三代杉に到着。
三代杉は一代目は1500年前に倒れた屋久杉で未だ腐らずに残っています。
      二代目は切り株の上に発芽。
      三代目はその上に発芽して38mも伸びています。

DSCF5489_convert_20171006202409.jpg
三代杉の一代目の切り株とSango さん。

トロッコ道はいつまでもどこまでも続いていて、いつ終わるのか?疲れました。
遂に各自それぞれ勝手に大声で歌いながら歩き続ける。

12時・トロッコ道を3時間半、トロッコ道は終わって荒川登山口に到着しました。

DSCF5495_convert_20171006202435.jpg
荒川口で記念写真。

ここよりタクシーを呼んで、安房港まで移動し、

DSCF5496_convert_20171007100024.jpg
道路には所々で猿が出ていました。

現地組と合流、昼食後、民宿に戻り風呂に入り山装備を整理、休憩。

DSCF5497_convert_20171007100051.jpg
合流後、このうどん屋さんで昼食。
安房港の近くです。とにかくおいしい(うどんの中にトビウオの天ぷらがまた美味しいです)。
帰りにお土産屋さん松田でトビウオのつみれを買いました。


DSCF5497_convert_20171007100051.jpg
店内の飾り物(杉)は豪華でした。

夕方より初めて総勢で夕食に出かける。
美味しい料理をご馳走になる。

丁度直ぐ近くで花火が上がり、部屋から見物ができました。







屋久島・宮之浦岳 (その3)

2017.10.01~05

10月4日(水)

昨夕飲み過ぎたか?
今日はレンタカーで島内一周をします。
一周は約100km。

1人都合悪く不参加となりました。

DSCF5503_convert_20171007100120.jpg
東シナ海展望所から見たどこまでも青い海。     10:40
説明しているのは80歳のおじさんです。        

続いてウミガメの産卵地へ。
80歳のおじさんの故郷です。

DSCF5507_convert_20171007100228.jpg
ウミガメの産卵地・永田いなかはま。        11:00
とにかく海が奇麗です。

少し走ってから内陸の入ると島で有名なお豆腐屋さんがありました。

DSCF5513_convert_20171007100307.jpg
柴豆腐店。製造卸をされているが、ここで直接食べさせてくれます。     11:30
ここでなぜかカメラが壊れてしまい、食べる気もなくなってしまいました。
それでも少し食べろと言われ食べてみましたが、美味しかったです。


20数㎞走って大川の滝に。

KIMG0122螟ァ蟾昴・貊拈convert_20171007100409
大川の滝。落差80m

少し迷いましたが、今度は屋久島フルーツガーデン(入園料500円?)。
南国の野生種、園芸種が所狭しとありました。
年取ったおじさんがご案内してくれました。

見て回った後には、休憩所でバナナ、マンゴ、パイナップル等を食べさせてくれました。
食べ終わった後のタンカンのジュースは美味しかった(有料500円なり)。

ここから次の千尋滝までは20㎞強。
途中左に一枚岩みたいなモッチュム岳の雄姿が見える。
宮崎の比叡山にクライミングに行ったときお会いした鹿児島の肩から勧められたところだ。
いつか登って見たいです。

KIMG0123螟ァ蟾昴・貊拈convert_20171007100348

KIMG1768蜊・ー区サ拈convert_20171007100458
千尋滝。千尋滝の左手前にも大きな一枚岩があった。

千尋滝入口からモッチュム岳に登るハイキングルートもあるだ。
ここも登って見たいところです。


一周して民宿に戻りひと風呂浴びて夕食に出かける。

KIMG1779_convert_20171007100535.jpg
食べ終わって女将と甥っ子と記念写真。
刺身はほんまに美味しかった。



芦屋川~宝塚縦走

2017.07.15

参加者:Ichie 、Yama、Mototoro、Gramps。

この夏に3週連続で歩きましたが、あれから2か月近く空いてしまいました。
今後の赤木沢、屋久島に向けてのトレです。

前日のクライミングの疲れで、負荷は14㎏ 、途中から少し増えましたが・・・

DSCF5235_convert_20170910113502.jpg
滝の茶屋を出発する。

涼しくなってきましたが、風吹岩まではやっぱり汗、あせです。
それでも7月と比べれば汗の量は格段と少なくンっていました。

DSCF5236_convert_20170910113526.jpg
相変わらず大勢の人の風吹岩

10分ほど休憩して出発。

DSCF5237_convert_20170910113543.jpg
風吹岩を出発。

途中尼が峠で休憩を入れて、東お多福山まで足を伸ばす。

DSCF5242_convert_20170910113604.jpg
東お多福山

ここから石の宝殿までが核心部である。
今日は案外楽に歩けた気がする。

石の宝殿で大休止をして後半戦に臨む。

DSCF5247_convert_20170910113628.jpg
出発準備。石の宝殿。

良くしゃぺって歩いたので、
次の目的地まですぐについてしまったような気がする。

DSCF5249_convert_20170910113652.jpg
大平山入口でくつろぐ。

DSCF5251_convert_20170910113717.jpg
展望所。
大平山から50分の所にある。なかなか眺めの良いところである。

芦屋川から7時間30分で宝塚に到着しました。

DSCF5254_convert_20170910113739.jpg

記録:
芦屋川8:30~滝見茶屋8:50、9:02~風吹岩9:44、9:53~雨が峠10:36、10:50~東お多福山11:08、11:21
~石の宝殿12:11、12:41~大平山13;58、14:11~展望台15:04~塩尾寺15:19、15:27~宝塚16:03
芦屋川~宝塚縦走

2017.07.15

参加者:Mototoro さん、Sango さん、1Gramps。

今回もめちゃ暑かったリハビリ縦走でした。

この夏に入って3週連続で4 回目のリハビリ歩きができました。
今回は4 回目なので負荷を16kg くらいにしようと予定していましたが、
前日の暑さ疲れで、前回より軽めの13,5㎏ になってしまいました。

DSCF4934_convert_20170716150553.jpg
出発前に知り合いの方と記念写真。
3連休の初日なので、芦屋川駅前は混雑していませんでした。

滝の茶屋までですでに大汗をかきました。

DSCF4936_convert_20170716150613.jpg
滝の茶屋にて

風吹き岩までは滝のような汗を出しながら登りました。

DSCF4939_convert_20170716150634.jpg
風吹き岩を出発する。

今回も横池に寄ってみました。
未だスイレンが奇麗に咲いていました。

DSCF4940_convert_20170716150653.jpg
横池のスイレン。

DSCF4941_convert_20170716150713.jpg

DSCF4946_convert_20170716150732.jpg
石の宝殿でやっと会えたMototoro さんと。

DSCF4947_convert_20170716150751.jpg
今週もまだきれいに咲き誇っていてくれました。

途中で宝塚から登ってきたかつ君に会いました。
彼は石の宝殿手前まで行って引き返してくるとのことでした。

DSCF4952_convert_20170716150833.jpg
15 時半塩尾寺の到着しました。
後方にMototoro さんも写っています。

16時半宝塚に無事到着しました。

記録:
芦屋川8:41~滝の茶屋9:07、9:12~風吹岩9:48、10:22~横池10:28~雨が峠11:06、11:21~
東お多福山11:39、11:49~石の宝殿12:41、13:03~大平山14:15、14:30~塩尾寺15:32、15:52~
宝塚16:30    (7時間50分。 13.5kg アプローチシューズ)


DSCF4955_convert_20170716150855.jpg
かつ君も加わって反省会?