大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

北ア・雲ノ平、高天原(初日)

2016.08.10夜~14
参加者:ミオ、ポイ、Gramps

前置き:

30代に還暦になったら行こうと思っていた山が2つありました。
北岳バットレスと雲の平です。

バットレスは40歳になったら早々に登ってしまいした。
一方雲の平は60歳になってから毎年、毎年思うだけ行きそびれていました。

今夏はロッククライミング予定も無いので単独計画をしました。
計画も遅かったせいで安い富山行きバスは空席なし。

偶然ミオさんも新穂高から水晶、雲の平を単独で計画されていたようです。
そこへポイ君が救世主の如く現れてくれました。
で日程はを少し縮めて3人で行くことになりました。

8月10日夜、11日:

大阪を21時30分出発、折立の駐車場には7時半ころ到着。
駐車場は一杯であったが、
運よく臨時駐車場に少しだけ空いていたのでそこに潜り込ませてもらった。

DSCF1025_convert_20160815172110.jpg
太郎兵衛平に向けて出発        8:05

登山道は長蛇の列で渋滞気味である。
睡眠不足の私にとってはゆっくり歩けるので助かる。

3時間くらい歩いた頃振り返ってみると有峰湖が奇麗に見える。

DSCF1028_convert_20160815172137.jpg
有峰湖が美しい。

出発して4時間で太郎平小屋に到着しました。

DSCF1029_convert_20160815172703.jpg
太郎平小屋。       31年前は3時間で来れました。相当混雑していたことが分かりました。

DSCF1031_convert_20160815172725.jpg

ポイ君とミオさんに場所取りに急いでもらい、Mototoro さんを待って後からキャンプサイトに向かう。
Mototoro さんはここで泊まってから薬師岳、五色、立山に向かう予定。

DSCF1033_convert_20160815172820.jpg
12時50分のキャンプサイト風景。   まだ余地がありそう。

DSCF1034_convert_20160815172852.jpg
夕食前のひと時。  ポイ君、Mototoro さんとミオさん。

DSCF1039_convert_20160815173041.jpg
夕食準備中。

DSCF1040_convert_20160815173109.jpg
美味しかったです。

DSCF1037_convert_20160815173000.jpg
17時前、立錐の余地がなくなったキャンプサイト。

今回はポーター役のポイ君がテントを、食担のミオさんが食料を運んでくれたので楽ちんをさせてもらいました。
それでもなぜか18㎏ありました。

記録:

南茨木21:30→有峰口4:00、6:00→折立7:00、8:00~太郎平小屋11:57、12:30~薬師峠キャンプサイト12:50
就寝19:00
スポンサーサイト
北ア・雲ノ平、高天原(2日目)

2016.08.10夜~14
参加者:ミオ、ポイ、Gramps


8月12日:

今日は太郎平から雲ノ平に向かう。

DSCF1042_convert_20160815220829.jpg
キャンプサイドか太郎平小屋に。   準備を終えて今から出発  5:35

DSCF1043_convert_20160815220854.jpg
出発して50分のところ。

薬師沢小屋までは薬師沢をほぼ下って行く。

DSCF1044_convert_20160815220918.jpg

DSCF1045_convert_20160815220948.jpg

朝の木道歩きが気持ちが良い。  

DSCF1048_convert_20160815221039.jpg

太郎平小屋からおよそ1時間50分で薬師沢小屋に到着。

DSCF1050_convert_20160815221106.jpg
薬師沢小屋下の沢(薬師沢と黒部川の合流点)にて。

DSCF1051_convert_20160815221132.jpg
沢から見上げた薬師沢小屋。   7:27

河原に下りてコーヒーを沸かしたりして、45分ほどのんびりして出発。

DSCF1054_convert_20160815221226.jpg

DSCF1055_convert_20160815221253.jpg
ミオさん、ポイ君 (Nanoha Bab さんと)。

DSCF1062_convert_20160815221329.jpg

薬師沢小屋を8時10分に出発。

DSCF1070_convert_20160815221403.jpg
小屋の前にある吊り橋を渡るお二人。

橋を渡ってすぐに梯子を下りて一旦河原に下りる。

DSCF1074_convert_20160815221429.jpg
鉄梯子を降りるミオさん。

河原から急登を2時間ひたすら登ってアラスカ庭園へ。
途中の休憩が少なかったようだ。もう少し定期的に休憩すべきであった。

DSCF1076_convert_20160815221454.jpg
10:24分アラスカ庭園に到着。
どうして、アラスカ庭園と呼ぶのかよくわからない。

DSCF1077_convert_20160815221526.jpg
ポイ君とGramps。

DSCF1080_convert_20160815221555.jpg
ミオちゃんとGramps。
20分休憩してそろそろ出発。

出発して15分、遠く槍ヶ岳も遠望できました。

DSCF1083_convert_20160815221622.jpg
槍ヶ岳。      18倍ズームで撮りました

ここからほぼ水平道を景色を楽しみながら歩きました。
アラスカ庭園から30分、奥日本庭園に到着。

DSCF1085_convert_20160815221649.jpg
奥日本庭園。
この呼び名も今一つ分からない。

歩を進めて雲ノ平山荘に向かう。

DSCF1087_convert_20160815221721.jpg
雲ノ平山荘への途中で。

DSCF1088_convert_20160815221750.jpg
右前方にもうすぐ雲ノ平山荘。

DSCF1090_convert_20160815221819.jpg
雲ノ平山荘。
薬師沢小屋を出発して3時間10分で到着しました。

DSCF1092_convert_20160815221848.jpg
雲ノ平山荘のタオル

DSCF1093_convert_20160815221920.jpg
山荘オリジナルバッジ。

山荘で40分ほど休憩してキャンプサイトへ。

DSCF1094_convert_20160815221954.jpg
雲ノ平キャンプサイトにて。

DSCF1095_convert_20160815222030.jpg
午後4時前のキャンプサイト風景。

DSCF1096_convert_20160815222130.jpg
今夕の食事はこれ。

お酒をよばれたら急に疲れが出てきました。
頑張りすぎたかな?

明日は二手に分かれて行動します。
ポイ君とGramps は高天原の温泉に浸かってほっこりトレッキング。

ミオさんは何回来ても行けなかった水晶岳を目指します。
予定行動は雲ノ平~三俣~鷲羽岳~水晶岳~高天原~雲ノ平

記録:
太郎平小屋5:35~薬師沢小屋7:27、8:10~アラスカ庭園10:25、10:35~日本庭園11:05~
雲ノ平山荘11:20、12:10~キャンプサイト12:30














北ア・雲ノ平、高天原(3日目)

2016.08.10夜~14
参加者:ミオ、ポイ、Gramps


8月13日:

水晶岳方面のミオさんは2時起床で3時15分に出かけていく。
かなりガスっているが、昨日祖父岳分岐まで偵察に行っているので、
ヘッドランプの明かりの下でも大丈夫のようだ。

高天原に向かう我々は5時起床予定がポイ君が珍しく早く4時半に起きたのでそのまま支度にかかる。
出発は7時予定が6時40分。

DSCF1097_convert_20160816132546.jpg
6時38分出発。

DSCF1098_convert_20160816132620.jpg
雲ノ平山荘下の木道を行く。

DSCF1099_convert_20160816132646.jpg
木道から見上げた雲ノ平山荘。    

薬師沢・高天原方面分岐より 少し登った台地に到着。薬師岳が美しいく思わずシャッターを切る。
ここより少し下って、登り返すと奥スイス庭園である。

DSCF1100_convert_20160816132718.jpg
雲がたなびく薬師岳。     7:07

DSCF1102_convert_20160816132746.jpg

DSCF1103_convert_20160816132814.jpg
奥スイス庭園。

平原を少し進んでからは高天原峠までは下る一方である。
帰りの登りが、帰りの登りが思いやられるとぼやきながら下って行く。

奥スイス庭園から約40分で高天原峠に到着。
ここで10分ほど休憩。

DSCF1104_convert_20160816132847.jpg
高天原峠。

10分休憩して、高天原に向かう。
なおも下りである。

DSCF1107_convert_20160816132919.jpg
オオミズバショウ?

DSCF1108_convert_20160816132949.jpg
下りも終わり高天原山荘ももう少しか?

DSCF1109_convert_20160816133024.jpg

DSCF1112_convert_20160816133100.jpg
高天原山荘のスタッフの方。        9:00

峠から山荘まで40分。ここで入湯料300円を払って、温泉沢出合いにある高天原温泉へ直行する。

DSCF1115_convert_20160816133132.jpg
温泉に浸かるポイ君とBab。

DSCF1117_convert_20160816133207.jpg
日本最奥の温泉・からまつ露天の湯。
ホンマに気持ちが良かったです。

のんびりとお湯につかって疲れを落とし、山荘に戻る。
ミオさんは今頃どの辺を歩いているのだろうか?

DSCF1127_convert_20160816133244.jpg
山荘前にて。

いよいよ帰りの途に。
登り、登りが待っている。

だが山荘から峠までは50分足らずと意外と早く着いた。
峠で15分ほど休んで、心臓破り?の登りである。
この登りも1回休憩で登りきれたのでホッとしました。

DSCF1131_convert_20160816133336.jpg
雲ノ平山荘前。

雲の平山荘に13時15分に到着。峠から1時間20分かかった。
山荘でホッとカルピス、ビールを飲んでゆっくり休む。
ポイ君はカルピスとカレーを食べていました。

DSCF1133_convert_20160816133406.jpg
山荘で1時間ほどくつろぐ。

DSCF1134_convert_20160816133439.jpg
キャンプサイト。
キャンプサイトは小屋から15分くらいのとこらにある。

到着して1時間、水晶岳~高天原~雲ノ平を縦走しているミオさんが帰ってきました。

温泉に入ったりしてゆっくりしてジャスト12時間で歩てきたとのこと。DSCF1138_convert_20160816133509.jpg
御帰還、お疲れさまでした。
長年の夢・水晶岳に登れて大満足の様子。

記録:
キャンプサイト6:38~奥スイス庭園7:27~高天原峠8:11、8:18~高天原山荘9:00~温泉9:18、10:05~
山荘10:25、11:00~高天原峠11:43、11:56~雲ノ平山荘13:16、14:10~キャンプサイト14:25


ミオさんの記録:
キャンプサイト3:15~三俣山荘5:42~鷲羽岳7:06~水晶岳9:03~温泉沢の頭9:40~高天原温泉11:00~
キャンプサイト15:14















北ア・雲ノ平、高天原(最終日)

2016.08.10夜~14
参加者:ミオ、ポイ、Gramps


8月14日:

今日は下山日。雲ノ平→太郎平→折立の一気下山である。
4日間通して晴れ晴れに感謝。

DSCF1146_convert_20160817213103.jpg
5時、キャンプサイトを出発。

5時10分雲ノ平山荘に到着。

DSCF1150_convert_20160817213135.jpg
山荘前から見た黒部五郎岳。         5:15

DSCF1152_convert_20160817213203.jpg
大阪弁でしゃべっていた方たち。
思わず親近感を抱いてしまいました。

出発準備に15分かけて出かける。

DSCF1153_convert_20160817213247.jpg
奥日本庭園

DSCF1154_convert_20160817213314.jpg

奥日本庭園も時間、見る方角によって素晴らしく見えることを今朝発見しました。美しい!

DSCF1157_convert_20160817213337.jpg
アラスカ庭園で小休止。   6:00

ここを出発して少ししたら急激な下り坂になる。
用を足してお二人を追いかける。
追いかけても、おいかけても追いつかない。

薬師沢小屋に7時10分に到着。
河原に下りて二人を探すも姿も見えない。
一本道なのにどうしたことか?

DSCF1158_convert_20160817213359.jpg
7時10分の薬師沢小屋。
これから登る人、降りる人でごったがえしていました。

どうしたものかしばし呆然。
とにかく少し待ってみることにしてみる。
中々お二人は現れない。
心配になってくる。
いつ私はお二人を抜かしてしまったのだろうか???

降りてくる人、これから登る人に伝言を託す。

50分後にミオさんが現れる。
正直ほっとする。

その後の顛末は・・・
後日ヒヤリハットで検証しなくてはならない。

DSCF1160_convert_20160817213428.jpg
黒部川と薬師沢小屋。

何やかんやあって、薬師沢小屋を2時間余り後の9時35分に薬師沢小屋をあとにする。

DSCF1163_convert_20160817213451.jpg
薬師岳。     薬師沢小屋を出て急登が終わり木道より。

DSCF1164_convert_20160817213541.jpg
太郎平小屋が見えてきました。   11:40ここまで登り、のぼりで結構辛い。  

DSCF1166_convert_20160817213610.jpg
太郎平。   

太郎平には11:45に到着、25分休憩して下山にかかる。

DSCF1167_convert_20160817213638.jpg
およその中間点である「三角点」 

14時38分、出発点の折立に帰還しました。

DSCF1172_convert_20160817213712.jpg
登山道入り口の道標。   

記録: 
雲ノ平キャンプサイト5:00~雲ノ平山荘5:12、5:26~奥日本庭園5:39~アラスカ庭園6:00~薬師沢小屋7:11、9:35
~太郎平11:44、12:10~三角点13:41、13:48~折立14:38      






北アルプス縦走・針ノ木~烏帽子岳
                    
                  第1日目:扇沢~大沢小屋
2015.07.31
参加者:Ichie、たあたん、子ヨーゼフ、Gramps

31年前白馬から針ノ木雪渓まで5日間で縦走したが、
その先は荒れているということで断念して、そのまま忘れ去っていた。

DSCF5790_convert_20150804125250.jpg
扇沢バスセンターにて
白馬から縦走してきたHさんに偶然お会いしました(右端)。

今回その忘れられていたコースにぽっぽ会員が行くということで、
事故以来の体力回復第2弾として参加させてもらう。

DSCF5791_convert_20150804125312.jpg
登山口

最近は時間的余裕があるので、大阪を朝発に出発し、扇沢に13時半頃到着する。
服装を整えて今日の宿泊地大沢小屋に向かう。

DSCF5792_convert_20150804125332.jpg
大沢小屋

とにかく暑い!
お花の先生・Y2号(たあたん)さんが見る花見る花の名前を教えてくれるが、
聞いた途端に忘れていく情けなさ。

DSCF5794_convert_20150804125354.jpg
鳴沢岳?

DSCF5795_convert_20150804125413.jpg
夕食前に水飲み場前でくつろぐ

大沢小屋には15時過ぎに到着。
明日の長丁場をひかえてのんびりする。

DSCF5797_convert_20150804125434.jpg
夕食風景

DSCF5798_convert_20150804125458.jpg
今夕の夕食メニュー

記録:
大阪南茨木7:00→扇沢13:40、14:00~大沢小屋15:20

今日のアップダウン:
登り合計:約300m