大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

備中・リバーパーク、長屋坂クライミング

2016.09.24~25

今日はリバーパークエリアに行ってきました。このエリアは12年前に一度来ただけで今日が2回目。
全く覚えていませんでした。

今日は①ABC Climb 5.8、②一年生5.9、③スリーモーニング10a、④日だまり10c、を登って⑤せせらぎにトップロープをかけて登る。いずれもノーテンデ登れたが、

5本目を登って下ろしてもらったところ右膝裏に痛みが走る。身に覚えのない痛みで心配。
とりあえず湿布をして様子を見る。

KIMG0020_convert_20160926125803.jpg
彼岸花とNanohaBab さん。
12年前はBabさん、H i r o さん、Yamaちゃんの4人で来ました。

こじんまりした岩場で、以前来た時は汚いが第一印象でしたが、今回は例のテーブル、ベンチまで作ってくれていました。ありがとうございます。

KIMG0022_convert_20160926125831.jpg
日だまりを登るFumi さん。
勿論オンサイトでした。

KIMG0023_convert_20160926125858.jpg
10cを登るY 村さん。
ルート名がわかりません。Y村さんもOSでした。

KIMG0032_convert_20160926125921.jpg
11bを登るFuku ちゃん。
2回目でRPすると登ったが、残念ながらワンテンになってしまった。

夜は杉田ハウス新館で泊まって、Fumi さんの手料理をいただきました。

2004年の記録:
①ABC Climbing 5.8  OS
②一年生     5.9  OS
③スリーモーニング10a OS
④レスケープ   11b   OS
⑤せせらぎ    12a   ワンテン
⑥せせらぎ    12a   RP
⑥コルネアタック 11a   OS
⑦日だまり     10c OS
スポンサーサイト
備中・長屋坂クライミング

2016.09.25

今日は長屋坂です。
依然、膝裏の痛みが引かないため見学としました。
天気も合わせてくれたのか芳しくない。皆さん申し訳ありません。

壁も濡れていてコンディションは良くありません。
アップのプラナンもスリップしていました。

そんな中でFu ちゃんがスプリング11a をオンサイトしました。

KIMG0049_convert_20160926154934.jpg
「スプリング」オンサイトおめでとう!
焦点が合っておらずボケてしまっています。すみません。

お詫び:Y村さん、Fu さんの写真もボケボケで載せれませんでした。

KIMG0050_convert_20160926155043.jpg
NanohaBab さんと Ⅰ 先生。
Bab さんも良く通った岩場ですね。

KIMG0048_convert_20160926154902.jpg
ストライクバックを登るG 君。
久しぶりの再会でした。スリムな身体になっていました。
そろそろ冬壁のシーズンなのでまた肉?を付けるそうです。

KIMG0047_convert_20160926154840.jpg
スプリングを登るM井さん。
G君の彼女だそうです。
おしとやかでクライミングセンスもありそう!

雨脚も強くなってきました。
天気がじゃなくて連れの方たちが私に気を使ってくれて、
この辺で帰ることになりました。

KIMG0052_convert_20160926155104.jpg
折角来て来て1本も登らずに帰るのは情けないと言ってモリサマをトライしているI 先生。
と言って、帰宅してフェースブックを見たら、モリサマ2回(累計52回)、女王様、カウントダウンもトライしていました。
すごい先輩です。


結局、今回は登らずじまいでした。
今日月曜日病院で診てもらったら膝からきているのではという診断でした。

私にとっては走り過ぎかな?

健康ライフ:
やけどの治し方:

やけどは後からいろんな障害がおこることがあるのでしっかり治す必要がある。

種類:凍傷、熱傷

熱傷の場合は傷が治る段階で瘢痕拘縮(ハンコウコウシュク)(ひきつれ)が起きて足が動かせなくなる。
         ひこん性瘢痕:ケロイド:傷跡がみみずばれになる。また痛痒くなる。

上記が起こらない前に手当てをするための簡単な方法:
 先ず冷やす(5分程度で良いが、その後の炎症を冷やすという意味で少しでも長く冷やしておいたほうがベター。
 病院に行くまでの方法:保冷剤をタオルで巻いて、または氷水で冷やす。

冷やし過ぎて手がじんじんしても冷やしておいたほうが良いか→その加減もあるができるだけ冷やしておくほうが良い。

病院では:重傷でない限りは→副腎皮質ホルモン(ステロイド)(炎症をできるだけ取っていく軟膏をつける)。
      痛みに対しては飲み薬を使う。

火傷:お湯よりも温度が相当高いので重症になりやすい→皮膚の深いところまで焼けてしまう場合が多い。
          →大がかりな手術になることもある。
   火災現場で暑い空気を吸い込むと→気道の熱傷を起こす場合がる→この場合はすぐに救急センターへ。

お薦め手っ取場合手当→氷を水に入れたビニール袋で氷水を作り患部に当てる。
                この場合も病院に行くことをお勧めする。(形成外科が良い)

山中で起こした場合→応急手当で冷やす→下山したら病院で受診を勧める。ただし2日目で皮膚の色が赤くなっていなかったら様子見することもできるが、専門家の判断を仰いだほうが良い。

 

備中・2ルンぜ

2015.09.19

このシルバーウィークはフリークライミングでTamTam君とKakaさんの3人で備中に行ってきました。

中国道はやはり混んでいたので下道を走って西宮北から乗りました。
帰りも宝塚西TNから25㎞の渋滞のため、途中より下道を走って帰りました。

買い物をして2ルンゼに着いたのは12時ころ。
すでにぽっぽ先発隊の3人(Big Mouth君、Amyちゃん、Tom903君)はアップを済ませていた。

DSCF6377_convert_20150922144135.jpg
NanohaBab さんも一緒に参加しました。

我々は先ず
①かぶったエイト:でアップ。とはいえ結構厳しく感じる。

DSCF6379_convert_20150922150139.jpg
かぶったエイトをリードしてみました。
何とか登れました。登ったのは20年ぶりくらいかな?

DSCF6381_convert_20150922150207.jpg
Kaka さんのかぶったエイトの登り。

続いて隣のルートの
②やさしいフェースにトライ。

DSCF6385_convert_20150922150230.jpg
やさしいフェースを登り始めるtamtam 君
最近めっきり強くなり、自信を持ってきている感じ。

DSCF6390_convert_20150922150258.jpg
「やさしいフェース」のGramps
必死の感じがします。

DSCF6391_convert_20150922150325.jpg
余裕を持って「やさしいフェース」を登るKaka さん。

DSCF6393_convert_20150922150350.jpg
先発隊の新人?のTom903 君の「やさしいフェース」の登り。

続きまして少し上の
③奥の手(現在10dから11a に格上げされているそうです)。
ここはトップロープでさせてもらいました。
1回目は3人ともテンテン。2回目に3人とも見事ノーテンデした(私はトップロープでしたが)。
今の私にはこのグレードになるとしんどい。

DSCF6394_convert_20150922150422.jpg
奥の手を初トライするTamTam 君

DSCF6396_convert_20150922150449.jpg
隣のルート(バットマン11b)をトライするAmy ちゃん。

DSCF6400_convert_20150922150523.jpg
「奥の手」を見事2便でRPしたKaka さん。

Big Mouth 君はじゃろう岩の13cを狙っているようです。

今日はこれで終了して小屋に戻る。

DSCF6403_convert_20150922150550.jpg
用瀬小屋

お風呂に入り一杯飲んで、据え膳でいただきました。

DSCF6404_convert_20150922150623.jpg DSCF6405_convert_20150922150647.jpg

DSCF6406_convert_20150922150712.jpg DSCF6407_convert_20150922150742.jpg
今夜の夕食
お米も炊いて頂けました。
おいしかったです。御馳走さま!

記録:
①かぶったエイト(L・ノーテン)。
②やさしいフェース(L・ノーテン)。
③奥の手(TR・テンテン)
④奥の手(TR・ノーテン)


備中2日目・2ルンゼ&長屋坂

2015.09.20

DSCF6408_convert_20150922162559.jpg
朝食は私の好きなうどん。

DSCF6410_convert_20150922162622.jpg
私が住んでる近くの町におられるとか。H取ご夫妻。

先発隊の3人は日帰りでした。
残った我々は、2ルンゼと長屋坂に遊びました。

前半の2ルンゼは
①象の鼻:トップロープでテンテン。昔2撃できたのはうそみたい。

DSCF6412_convert_20150922162646.jpg
「象の鼻」をリードするTamTam 君。

②象の鼻:リードしてみるも、TRで登れた下部もテンション。結局4ピン目でフォール敗退。

DSCF6416_convert_20150922162714.jpg
「象の鼻」をリードするGramps。

③象の鼻:リードで何とかトップアウトできた。

DSCF6417_convert_20150922162740.jpg
「象の鼻」をトライするKaKa さん。

終わって長屋坂に移動。

DSCF6418_convert_20150922162812.jpg
Bab さんの散骨と女王様をトライするTamTam 君

DSCF6420_convert_20150922162836.jpg
「モリサマ」を登るプロのI 君
今日は国体の選手の指導に来られていました。

④ミセスリエ子をマスターリード。乗越のところでテンション。情けないけどこれが現実。
怪我以来こんな(厳しい)登りはしていないので、筋トレできてうれしい。

DSCF6425_convert_20150922162907.jpg
「99」をトライするKaKa さん。

⑤99:リードでトライ最終ピンが取れずじまいで敗退。
人造人間で身体の動きができないのだからと、自己弁護。
それでもなぜかうれしい。
腕はパンパンだけどこれから努力すれば、だんだんと登れるようになる気がするからだ!

DSCF6426_convert_20150922162933.jpg DSCF6427_convert_20150922163000.jpg
今日の夕食
今夜のおいしい夕食に感謝。ビールも美味かった

記録:
①象の鼻(TR):テンテン。
②象の鼻(L):4ピン目でフォール敗退。
③象の鼻(L):トップアウトできた。

④ミセスリエ子:(ML)乗越でテンション(ワンテン)
⑤99(L):最終ピンが取れず敗退。

 
備中3日目(最終日)・2ルンゼ

2015/09.21

最終日は2ルンゼ。
初日から前腕がパンパンにパンぷしている。
今日はもうだめだろう。

それでも筋トレだけしてみよう。

①ダンゴのリズム:リード。もう力が入らない。各駅停車で何とかトップアウトした。
以前登ったことは忘れよう!今日から出直しだ!

②象の鼻:リード。やっぱり力が入らない。下部一か所のムーブが分からない。
昨日トップロープで最初にやった時は力があったので強引に登れたのだろう。
テンテンでトップアウト。

DSCF6428_convert_20150922171928.jpg
きれいなムーブで「象の鼻」を登るKaKa さん。
リーチがないので1.5倍は努力をしなくてはならない。大変だけどすばらしい!

下部のムーブをTamTam君に教えてもらい、ちょっとやってみる。
何とか行けるようになった。

DSCF6432_convert_20150922171951.jpg
半分バナナをトライするTamtam 君 ↑ ↓ 。
DSCF6434_convert_20150922172020.jpg


③象の鼻:これで今回のクライミングはおしまい。
腕のパンプも心なしか回復してきているような気がする。
やるしかない。

下部の核心部も何とかクリアーできた。
これでいかなきゃ男じゃない!なんて根性むき出しで登る覚悟ができる。

中間部のトラバースもうまく行けた。レストも今までやったことのない態勢で、だがなかなかレストできていない。
昔の蝙蝠のカンテの時のレストが頭に浮かんできた。レストできていない気がするができているのだ。頑張れ!

あとは勢いで登って行く。もう手はパンパン、手を振りふりガンバ。
テラスへの乗越も左足の置き場所を間違ってスリップしたが勢いで登ってしまった。

テラスで大レスト。息も絶えだえ。少し落ち着いてきたので最後の登り。ここはなぜかスムーズに登れた。

久ひさぶりの興奮を味わえた!

次回はもう少し落ち着いてゆったりと登れるようになりたい。

DSCF6435_convert_20150922172039.jpg
早い夕食・ごま豆乳鍋

早めに岩場を下りて、小屋で早い夕食を取って帰路につく。
連休の中日なのに中国道は渋滞していた。

記録:
①ダンゴのリズム(L):各駅でトップアウト。
②象の鼻(L):テンテンでトップアウト。
③象の鼻(L):ノーテンでやっと登れた。