大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

酒造訪問

2017.09.23

毎晩愛飲している菊正宗。辛口の酒である。
一度訪れてみたいと思っていた酒造・菊正宗。

たまには家庭サービスをしないと・・・一挙両得?
2人で行ってきました。

DSCF5291_convert_20170924082123.jpg
菊正宗酒造記念館。
なかなか立派な建物でした。

DSCF5297_convert_20170924082157.jpg
北野恒富画伯の着物の女

酒ができるまでの工程の一部
DSCF5300_convert_20170924082220.jpg
洗場。

DSCF5307_convert_20170924082242.jpg
槽場(フナバ)

展示品
DSCF5311_convert_20170924082308.jpg
欲しいものばかり
DSCF5312_convert_20170924082327.jpg

安いのを1セット買ってきて、早速一杯やりました。

DSCF5319_convert_20170924082353.jpg
きき酒コーナー。
若い女性のグループやら外国人も結構来られていました。

今日は3種類試飲で来ました。辛口で美味しかった。

DSCF5322_convert_20170924082418.jpg
キクマサハッピを着て記念写真。

これで終わりましたが、足が疲れました。
山に行ってるほうが疲れません!
スポンサーサイト
松山、道後温泉

2017.04.21~22

2日目:

5時半起床。
昨夜はそんなに飲んでいなかったようだが、なんだか頭が重い。

とにかく風呂に入ってみる。なかなか良い風呂だ。
朝食まで1時間あるので、部屋に帰ってもう一度寝直す。

朝食も進まないが、何とか食べてみる。
朝食後出発まで1時間半あるので再度横になる。
頭もすっきりしてきた。

9 時出発。

DSCF3899_convert_20170423214410.jpg
坊ちゃん湯。

先ずは伊佐爾波神社へ。

DSCF3902_convert_20170423214442.jpg
伊佐爾波神社
いきなり135段の石段から始まる。

健康で長生きできるように全員お参りしたか?

次は「子規記念博物館へ。

DSCF3903_convert_20170423214515.jpg
リニューアルされた子規記念博物館。 ⇑ ⇓ 

DSCF3908_convert_20170423214543.jpg

展示物を見る前に映画「子規の一生」を20分間は見ごたえがありました。
約1時間半見て、昼食まで時間があるので近くの城址公園を散策。

DSCF3911_convert_20170423214633.jpg
少し高台にある公園は適度の運動になる。
ここから急登して展望台へ。

DSCF3912_convert_20170423214657.jpg
展望台から見た松山城。

DSCF3915_convert_20170423214734.jpg
記念写真。
椅子とザックを背負って歩いているので結構トレになったのではないだろうか?

DSCF3920_convert_20170423214801.jpg
ここも八重桜が満開でした。

時間も良いころになったので道後温泉の予約してあるお店に向かう。

DSCF3921_convert_20170423214837.jpg
伊予鉄・道後温泉駅。

DSCF3922_convert_20170423214904.jpg
宇和島鯛めしのお店。

DSCF3923_convert_20170423214931.jpg
鯛めし。
ホンマに美味しかったです。

食事が終わって坊ちゃん列車まで1時間余の時間がある。
お土産を買ったりしてのんびりする。

DSCF3930_convert_20170423214954.jpg
レトロな坊ちゃん列車。

DSCF3939_convert_20170423215023.jpg

坊ちゃん列車でJR松山駅へ。
通常160円のところ坊ちゃん列車はなんと800円。

松山駅からは特急で岡山へ。岡山からは新幹線で帰ってきました。

今回の旅行は各パートで十分時間を取ってあるので、
のんびり旅行ができました。



松山、道後温泉

2017.04.21~22

毎年春の同窓会は一泊泊まりである。
今年は松山に行ってきました。

同窓生の一人が2年前にこの地の学校に(この歳で)乞われて赴任しているので、
みんなで訪ねてみることにする。

松山はNaniha Bab さんの故郷である。
この町は通過したことはあるが、訪問したのは初めてである。

11時過ぎに松山駅に到着。

DSCF3850_convert_20170423163548.jpg
松山駅改札口。          さすが観光都市

先ずは駅の構内で名物・じゃこ天うどんを食す。

食後今日の行程の松山城に向かう。

DSCF3856_convert_20170423163621.jpg
久久振りの市電(伊予電)に乗る。

ビックリしたことに松山城へはリフト、ロープウェーが利用できるようになっていた。
往きはリフトを利用する。

DSCF3862_convert_20170423163648.jpg
松山城。八重桜が満開でした。

DSCF3868_convert_20170423163718.jpg
小天守から見た市街地。

帰りはロープウェーを利用。

DSCF3871_convert_20170423163741.jpg
ロープウェーはガイド付きで中々良かった。

松山城を後に「坂の上ミュージアム」を見学して、萬翠荘に向かう。

DSCF3876_convert_20170423163807.jpg
萬翠荘。
松山藩主の子孫・久松定こと伯爵が大正11年に建てたフランス風別邸。

DSCF3874_convert_20170423163855.jpg
記念写真。

今日最後の訪問地・二の丸庭園へ。

DSCF3878_convert_20170423163921.jpg
聚楽亭。

DSCF3881_convert_20170423163950.jpg
二の丸庭園から望んだ松山城。

DSCF3882_convert_20170423164014.jpg
二の丸庭園の一部。

ここから伊予電に乗って道後温泉に向かう。
駅を降りたら丁度からくり時計が開き始めていた。

DSCF3883_convert_20170423164035.jpg
からくり時計。
この下に足湯があった。

少し入ったところに「坊ちゃん湯」があった。

DSCF3886_convert_20170423164103.jpg
道後温泉本館。愛称・坊ちゃん湯
国の重要文化財。神の湯本館棟は明治に建立。

今夜泊まる宿はここから少し上がったところ。
部屋に入って落ち着いたので、早速坊ちゃん湯に出かける。

十数年前に来た友達の弁では油温がめっちゃ熱かったと言っていたが、
今回はそんなに熱くはなく適温であった。

ひと風呂浴びて6時より夕食、宴会。

みんなこのために来ているようだ???

DSCF3891_convert_20170423164153.jpg
かなり飲みました。
部屋に戻って2次会。

明日は子規館、伊佐爾波神社、城址公園散策等をして帰阪予定。







観桜の旅

2017.04.16~17

第5場:春日城址公園:

長野県伊那市にある公園。200本の桜があり、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳等が美しく見える高台城址公園である。

DSCF3805_convert_20170420070102.jpg
春日城址公園

DSCF3808_convert_20170420070131.jpg
まさに満開でした。

DSCF3809_convert_20170420070203.jpg

DSCF3810_convert_20170420070226.jpg

DSCF3812_convert_20170420070326.jpg

DSCF3814_convert_20170420070357.jpg
南アルプスの山々をバックに。

DSCF3819_convert_20170420070429.jpg

DSCF3823_convert_20170420070457.jpg
仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳も望めました。
右:仙丈ケ岳、左:甲斐駒ケ岳。

DSCF3829_convert_20170420070522.jpg
時々?度々?休憩しながらのんびりと過ごせました。

DSCF3832_convert_20170420070549.jpg

天候にも恵まれた桜、さくら三昧でした。
観桜の旅

2017.04.16~17

第4場:高遠城址公園:
全国でも有数の桜の名所となっているそうです。
130年生以上の古木20本、50年生以上のものが500本など若木を加えて1500本のタカトオコヒガンサクラがあるということです。

DSCF3764_convert_20170419202958.jpg
高遠城址入口メインゲート

DSCF3766_convert_20170419203022.jpg
コヒガンザクラ

DSCF3768_convert_20170419203048.jpg
遠くに雪を冠った南アルプスの山が見えます。
のぼりた~い!

DSCF3778_convert_20170419203120.jpg
ザック姿は私一人でした。
ちょっと恥ずかしかったですが、トレーニングですか?と聞かれたときは、
違っていても嬉しかったです???


DSCF3782_convert_20170419203148.jpg
奇麗ですね!
やっぱり青空の下の満開の桜は素晴らしい!

DSCF3786_convert_20170419203219.jpg
最高の花見日和でした。

DSCF3792_convert_20170419203246.jpg
南門の外の桜。
入場券で出たり入ったりはフリーでした。

DSCF3794_convert_20170419203311.jpg
ここからも雪山が望めました。
どうしても雪山に目が行ってしまいます。

DSCF3799_convert_20170419203343.jpg
素敵な桜名所です。

DSCF3801_convert_20170419203409.jpg
こんなところもありました。

来年も行ってみたいです。

ここで10時から12時過ぎまで過ごし、この後春日城址公園に向かいました。