大阪ぽっぽ会 会員・ Grampsの山行

岩登り、縦走を中心に春夏秋冬楽しんでいます。

卓球

2018.01.13

午前中は来週から出かけるプラナンの用意をする。

クライミングは2日以来10日以上できていない。
何か身体を動かしたいので卓球に出かけてみる。

DSCF6570_convert_20180113223030.jpg
様になっているかな?
動体視力、瞬発力減退を遅らすのには良いかも・・・

ほぼ1時間やりっぱなしだと結構運動になりました。
帰宅しても少し余力があるようだったので、
ジョギングをしてみる。

前方を早足で歩いている人に中々追いつかない。
もう早くは走れないらしい。
4kmが精一杯でした。

でもやったという達成感はありました。
帰宅する頃には薄暗くなっていました。
スポンサーサイト
ネパール遠征報告会

2017.12.10
DSCF6233_convert_20171210153015.jpg

昨日大阪・兵庫合同報告会があったが、同窓会とかち合ってしまった。
今日K 山の会が忘年会の前に隊員のB.スノーさんの講演会があったので聴かせてもらいました。

DSCF6234_convert_20171210153033.jpg

ネパール北西端のフラム地区にある未踏峰・6080m峰。
当初はこの地区の西峰、中央峰を狙ったが事情で断念して
これより東北にある今回登頂した峰に転戦。

DSCF6235_convert_20171210153052.jpg
講演をするB.スノーさん。
分かりやすい説明で面白く聞かせてもらいました。

DSCF6236_convert_20171210153108.jpg

ネパール訪問は2003年が最後で14年も前になってしまった。
講演を聞いてまた行きたい気持ちになってきたが、
もうこの歳では無理だろうなあ!!

講演が聞けて良かった!ふっちゃん、B.スノーさんありがとうございました。


琵琶湖テラス、鶏足寺・紅葉

2017.11.13

年に1~2度連れ合いのガス抜きにお付き合い??です。
そういいながら私も結構楽しんできました。

DSCF5774_convert_20171114105008.jpg
琵琶湖大橋。          琵琶湖一周歩きで休憩をした「琵琶湖大橋米プラザ」より。

琵琶湖テラス~メタセコイア並木~紅葉の鶏足寺と一日を楽しんできました。

最初に昨年オープンした「琵琶湖テラス」。
121人乗りの大型ゴンドラで7分で打見山の「琵琶湖テラス」へ誘ってくれます。
これからは歩いて登るよりこんなん頼るようになるのだろうか?

DSCF5782_convert_20171114105037.jpg
琵琶湖テラス(1)。  手前左の人?

ゴンドラを降りてテラスには直行せずに先ずは食事!!!
食後にのんびりとテラスへ散策。
晴れていて素晴らしい眺望ができ感謝!

DSCF5787_convert_20171114105103.jpg
琵琶湖テラス(2)  テラスの前の水盤の青色が映えています。

DSCF5799_convert_20171114105131.jpg
「湖空の鐘」にて。  テラスから遊歩道を先に進んだところにあります。

琵琶湖テラスを後に湖西牧野の「メタセコイア並木の紅葉」を愛でに向かったが、残念ながら少し早かったようです。

DSCF5814_convert_20171114105207.jpg
メタセコイア並木道。  未だ色付いていませんでした。

帰宅して調べたら例年の紅葉は11月下旬から12月上旬とありました。
2.4kmの直線道路の500本くらいあるそうです。

次の目的地「鶏足寺」の紅葉が気になりだしてきました。

DSCF5833_convert_20171114105231.jpg
己高閣入口の紅葉。     鶏足寺の途中にあるところ。

ここが紅葉していたので少し安堵しました。

DSCF5840_convert_20171114105258.jpg
コスモスが奇麗でした。  鶏足寺の途中。

己高寺境内から谷筋(大谷川)に少し下って、そんなにきつくはないが今度は登り坂を詰めていくと鶏足寺の入口に到着。
駐車場からゆっくり歩いて25分です。

DSCF5848_convert_20171114105409.jpg
鶏足寺入口の紅葉。

DSCF5850_convert_20171114105438.jpg
石田三成の辞世がありました。

ここから緩やかな坂道を登ったところに鶏足寺はあります。

DSCF5866_convert_20171114105510.jpg
紅葉。鶏足寺への緩やかな石段

DSCF5859_convert_20171114105536.jpg
鶏足寺の紅葉。

連れ合いの誕生日なので夕食を共にして帰宅しました。
山に出かけているよりお疲れました。









酒造訪問

2017.09.23

毎晩愛飲している菊正宗。辛口の酒である。
一度訪れてみたいと思っていた酒造・菊正宗。

たまには家庭サービスをしないと・・・一挙両得?
2人で行ってきました。

DSCF5291_convert_20170924082123.jpg
菊正宗酒造記念館。
なかなか立派な建物でした。

DSCF5297_convert_20170924082157.jpg
北野恒富画伯の着物の女

酒ができるまでの工程の一部
DSCF5300_convert_20170924082220.jpg
洗場。

DSCF5307_convert_20170924082242.jpg
槽場(フナバ)

展示品
DSCF5311_convert_20170924082308.jpg
欲しいものばかり
DSCF5312_convert_20170924082327.jpg

安いのを1セット買ってきて、早速一杯やりました。

DSCF5319_convert_20170924082353.jpg
きき酒コーナー。
若い女性のグループやら外国人も結構来られていました。

今日は3種類試飲で来ました。辛口で美味しかった。

DSCF5322_convert_20170924082418.jpg
キクマサハッピを着て記念写真。

これで終わりましたが、足が疲れました。
山に行ってるほうが疲れません!
松山、道後温泉

2017.04.21~22

毎年春の同窓会は一泊泊まりである。
今年は松山に行ってきました。

同窓生の一人が2年前にこの地の学校に(この歳で)乞われて赴任しているので、
みんなで訪ねてみることにする。

松山はNanoha Bab さんの故郷である。
この町は通過したことはあるが、訪問したのは初めてである。

11時過ぎに松山駅に到着。

DSCF3850_convert_20170423163548.jpg
松山駅改札口。          さすが観光都市

先ずは駅の構内で名物・じゃこ天うどんを食す。

食後今日の行程の松山城に向かう。

DSCF3856_convert_20170423163621.jpg
久久振りに市電(伊予電)に乗る。

ビックリしたことに松山城へはリフト、ロープウェーが利用できるようになっていた。
往きはリフトを利用する。

DSCF3862_convert_20170423163648.jpg
松山城。八重桜が満開でした。

DSCF3868_convert_20170423163718.jpg
小天守から見た市街地。

帰りはロープウェーを利用。

DSCF3871_convert_20170423163741.jpg
ロープウェーはガイド付きで中々良かった。

松山城を後に「坂の上ミュージアム」を見学して、萬翠荘に向かう。

DSCF3876_convert_20170423163807.jpg
萬翠荘。
松山藩主の子孫・久松定・伯爵が大正11年に建てたフランス風別邸。

DSCF3874_convert_20170423163855.jpg
記念写真。

今日最後の訪問地・二の丸庭園へ。

DSCF3878_convert_20170423163921.jpg
聚楽亭。

DSCF3881_convert_20170423163950.jpg
二の丸庭園から望んだ松山城。

DSCF3882_convert_20170423164014.jpg
二の丸庭園の一部。

ここから伊予電に乗って道後温泉に向かう。
駅を降りたら丁度からくり時計が開き始めていた。

DSCF3883_convert_20170423164035.jpg
からくり時計。
この下に足湯があった。

少し入ったところに「坊ちゃん湯」があった。

DSCF3886_convert_20170423164103.jpg
道後温泉本館。愛称・坊ちゃん湯
国の重要文化財。神の湯本館棟は明治に建立。

今夜泊まる宿はここから少し上がったところ。
部屋に入って落ち着いたので、早速坊ちゃん湯に出かける。

十数年前に来た友達の弁では湯温がめっちゃ熱かったと言っていたが、
今回はそんなに熱くはなく適温であった。

ひと風呂浴びて6時より夕食、宴会。

みんなこのために来ているようだ???

DSCF3891_convert_20170423164153.jpg
かなり飲みました。
部屋に戻って2次会。

明日は子規館、伊佐爾波神社、城址公園散策等をして帰阪予定。